忍者ブログ
どくだみチャンプルーのブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[04/22 kiyo]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




異形の娘は傘を差しさし、下駄を鳴らして練り歩く。
大きな葉の傘つかまえて、渡す相手を探しながら。


作品名:「雨の中にて聞こえるは」
作者:ススキノ様
アドレス:http://dgekijo.web.fc2.com/wyomi/ame.htm


大滝のあやかしと生贄にされていた少年の物語。
これまで孤独に生きてきたあやかしと、生贄にされて自分の心の拠り所のなかった少年、ふたりの心情の偏移が丁寧に丁寧に描かれている物語です。
文章も綺麗で、風景が目の前に浮かんでくるよう。
とくにあやかしの「梓」の愛らしさは見事。
大きな葉傘を差して下駄をからから鳴らしながら跳ねるように歩く梓さんは想像するだけで可愛い!




短編完結されている作品なので、あやかしと少年(青年)の物語がお好きな方には是非。
雨の季節、心地良い雨の物語を読むのも楽しいです。



以下、ネタバレ&しかも萌え前回の語りになります。
テンションが違いすぎるので閲覧にはご注意。









幼女と青年―っっ!!!

というわけで幼女×少年(青年)好きにはたまらない一作でした。あやかしである梓ちゃんには非っっっ常~に萌えます。
幼女で無邪気でトトロ傘さして下駄を鳴らしてぴょんぴょん歩いてそのくせ少年(スイ)には年上ぶってみたりからかわれては悔しがったり母性もちょっとのぞかせてみたりスイの感情にはきづかなかったりともうやばいぐらい可愛いです。

あえて言おう!あずにゃんぺろぺろ!・・と!(すみません)

そして対する少年であるスイも凄く良いです。生贄にされて一度は死を覚悟したせいで妙に大人びてしまったスイ。でもあずにゃんにいろいろ救われて、彼女に恋慕して神官の修行を一生懸命して・・。
最後の術発動シーンには鳥肌が立ちました。あのシーンは素晴らしいと思うわけです。大滝の透明な水に囲まれて、どうしても離れたくなくてぼろぼろ泣きながら愛しいあずにゃんに術発動・・でもやめるわけです。うああ・・切ない!
なんなとなくさらさらな髪の草食系っぽい繊細な外見をしてそうなんですが、中身はなかなか肉食系なところも素敵だと思います。色気のある笑顔とかね、見てみたいです。

↓スイさん(イメージ)。神官の服とかわからない。




キャラが大好き過ぎたので萌えもえ言ってますが、物語としても秀逸でした。
本当に面白かった・・!!

現在おまけが1作ありますが、まだまだ見てみたい・・と思ってしまいます。ハッピーエンドはいいなあ!



※最後に作者様、掲載許可をありがとうございました・・!

PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
Trackback URL:

Copyright © どくだみチャンプルー All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]