忍者ブログ
どくだみチャンプルーのブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/22 kiyo]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



評判のよかった「るろうに剣心」の前篇を月曜にようやく見てきました。
あまりに面白かった&完成度高すぎてびっくらこいたのでそのネタバレ感想を下に畳んでおきます。おもに左之助中心です。すみません、ファンなもので。

後篇は週末に公開予定だそうなので、ちかいうちになにがなんでも見に行こうと思います。
とりあえず左之助が天使でした。ありがとうございます実写化!







・1作目も面白かったけど、1作目より20倍くらい面白かった!
・はじめからはじめちゃんが出っ放し!くそう、斉藤さんかっこいいよ!
・宗ちゃんはシルエットでも宗ちゃんとわかる神木クォリティ。
・(たぶん)縮地キター!
・ししお様キター!
・藤原さんは声もしゃがれ声で演技をしていて凄かったです。
・たしかに火傷で喉も焼かれているはずだもんね、さすがだ。
・ししお様の造形が自然で吃驚した。適度にぼろぼろでかっけえ。
・この実写化にあたって監督さんは「二次元」をどう「三次元」に落とし込むか、を重点に考えたそうです。それが上手いとしか言いようがない!
・牙突はありませんでした。しかし構えは完璧でぞくぞくしました。
・前作の牙突?なにそれおいしいの?
・剣心一家キター!仲良く観劇中。
・画面のはじっこでワクテカしている左之助が可愛すぎて映画館で悶えておりました。やべえ・・やべえよこの子・・かわええ・・。
・役者のくるくる回る動作を真似してるくるくる左之助かわええ・・すげえかわええ。
・アニメの左之助はわりに江戸っ子のような色気のある格好よさがあったのですが、映画版はひたすらかわいいです。ばかわいいです。これはこれで最高。
・にこやか剣心は、前編では多分これで最後。
・弥彦と左之助の恰好がなんとなく薄汚れているのも個人的にはGJだと思いました。そうなんですよ、江戸とか明治の一般市民がこぎれいな格好をしているほうが珍しいはず。
・とくにやんちゃ系統の二人はこれでよし!
・大久保さんの要請ですが、斉藤さんは出番なし。
・トマト左之かわええ。左之はこの作品で唯一のコミカル要因のようです。
・何気に大久保さんのキャストも豪華やで!
・宗ちゃんまたキター!何度も言うが、神木くんすごい。乗り移っている。
・剣心京都へ。
・おいてきぼりでみんなショボーンな中、荒れる左之。そして恵さんがよい女です。
・つっぱしる左之を「左之助!もう、まちなさい!」と何度もおいかける恵さんマジ天使。
・原作では左之助をフルぼっこするのは斉藤さんだったのですが(しかも愛のむち)、なんとここで出てきたのが蒼紫さん!
・蒼紫のフルボッコには斉藤さんのような愛がないです。病んでいるので純粋にフルボッコです。やめてあげて!
・蒼紫さんの白いロングコートがぼろぼろなのも最高でした。デザインは漫画のままなのに、うまく三次元におとしこんでいます。うまい。
・フルボッコの後なのに「俺は京都に行くぜ!」とあらぶる左之に恵さんがすばらしいツンデレを見せてくださいました。どうみても恵→左之でした。ありがとうございますありがとうございます。
・「べ、べつにあんたのために薬つくったんじゃないんだからねっっ//////////」
・「でもこの薬の半分は嬢ちゃん(薫)が自分で剣心に渡しに行け」
・左之助ええええ!カッコいいけどなんでそこで恵さんスルーやねん!まあかわいいからよいのだけれども!
・操ちゃんが京都弁でした。カンフー少女でした。すごいうごいてかわいいかわいい!
・操の着物も自然ですごくよいです。少し動きやすい感じでかわいい。
・新月村の子役の子が上手すぎてうるうるきました。全力の泣き演技は必見。
・宗ちゃんvs剣心!
・早すぎて目で動きが追えません。DVDでみたい!コマ送りしたい!
・にこにこしながら戦う宗ちゃんが原作のまんまでした。
・翁の役の人が三次元でした。完璧でした。完璧なキャラが多すぎる映画、それがるろうに剣心。
・斉藤さんの着物おおおおおお!!悶え殺す気ですねわかります。
・葵屋のお庭番集の衣装は、個人的には最高でした。忍者はしのんでこそ忍者なんやで。
・蒼紫様の病んでいる理由はやはり原作と同じような感じでした。泣ける・・。
・今作の目玉の一つ、張vs剣心!
・張がすっっごい良かったです。これぞ張!というかんじ。
・役者さんがうまかったです。片目だけの演技はたぶん狙っていると思うのですが、これがうまかった。
・京都炎上!
・のどさくさにまぎれて左之助登場!京都まで大事にもってきていた斬馬刀は戦闘開始数秒でお池にぽい!なんでやねん!(かわいい)
・しかしアンジとのあれやそれがなかったので、もしかして映画では二重の極みはでないのか・・?うわあああああ・・残念・・
・斉藤さんはひたすらかっこいいです。牙突は出ず!でも普通に強い。
・このあたりも動きが早すぎるので目で追えません。DVDはよ。
・そして蒼紫vs翁!
・翁がかっこいいんだこれが!
・というか二人ともまさかのノースリーブ!にのうでにのうで!すげえ筋肉だな!
・翁がトンファー使いでした。うひええええかっこいいいいい。
・蒼紫さんは回転なんとかという奥義を使っていたようですが、例によって動きが早すぎて見えませんでした。戦闘シーン凄すぎ。
・操ちゃんと蒼紫の身長差に萌えたのは私だけでいい。
・剣心と左之助再会。このあたりのやりとりかわいいです。左之助は公式で癒し。
・殴る からの 「すまんでござる」 からの 「おう!(にかっ)」
・かわいすぎてどうしてくれよう。
・「出番だぜ薫どのおおおお!」「ござるとかゆーな!うぜえええ!」(うろおぼえ)は名言だと思います。ししお様はやはりカリスマ性はんぱない。
・なにげに登場の十本刀。このへんの落とし込みもさすがのひとこと。
・そして最後にあからさまな福山雅治。
・完!


というわけで「るろうに剣心」の前篇、最高でした。
漫画の原作とあなどるなかれ。かなりの良作であると思われます。
さあこの感動をわかちあおうぜ!というわけでおすすめであります。

最後に映画版左之をらくがき。


ひたすらにかわいかったです。


PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © どくだみチャンプルー All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]